ドブソニアン望遠鏡
Dobsonian
2005/08/14

 

会で所有している最大の望遠鏡です。
 口径30cm 一般のひとにはあまり知られていない ドブソニアン式の望遠鏡 で、大まかに言えば三脚のないフォーク式経緯台に載った大口径の反射望遠鏡です。 微動装置は一切なく、手で押して止めるフリーストップ式で実にラフなスタイルで使用する望遠鏡です。
 所有した経緯も少し訳ありで、某望遠鏡屋さんが観望会に持ってきたが、もって帰るのがめんどくさくなり、うちの会に置いていったようです。確かにデカく重い。ミニバンの居住空間半分食ってしまう大きさで、鏡筒は二人掛りでないと移動できない重さです。 
 見え味はそこそこ。やはり30cmの集光力、分解能には感動するものがあり、観望会では大活躍です。


2005年スターウォッチングでも活躍しました。

外観

 


全体像


斜鏡側から見た主鏡


斜鏡は大きなスパイダーで固定。
引きねじはナットで、押しねじはインチの6角レンチで調整します。

 


垂直側の受け


エンコーダが付いていてナビゲータが接続せきる


水平側のエンコーダ

 

 

 

あまりにも主鏡が汚れてきたので分解清掃しました。

 これからドブを作ろうと思っている人。参考にみてください。

 

 


鏡筒は本当にダンボール。紙。約1cm厚
主鏡セルは鏡筒の周囲からボルトで固定されている。
脱落防止用に1つ貫通ボルトがある。
青色の丸いシールはセル側にもある合いマーク


主鏡付近の塗装


主鏡側から見た斜鏡

注意:
 ドブソニアンはフリーストップ式なので、鏡筒のバランスが前提で設計されてる。
 主鏡を外す際。主鏡の重量は無視できないくらい大きいので、しっかり斜鏡側を固定して外さないと、外したとたん、斜鏡側にドン と落ちてしまうので注意が必要。 今回たまたま足拭きマットが有ったため、斜鏡が割れずにすんだ。


主鏡セルの構造
主鏡はセルに黒のテープでしっかり固定されている。
セルからスタットボルトが3本出ていて、外側のセルを
スプリングを通して貫通して蝶ナットで締めんでいる。
なんて大ざっぱなつくり!。
アメリ○人が発想しそうなつくりだった。


外した直後の主鏡
全体的にくもり、ところどころひどい汚れ。サビ?


家庭用の食器洗い用
中性洗剤であらう。


セルから主鏡を外すのが面倒だったので、セルごと丸洗い。
ホースで水をかけたら、茶色い水が…。
結露で砂埃が付着していたのか?
中性洗剤をあわ立てて泡で洗うように手のひらで洗っていった。


十分水で洗剤を流すと、見違えるようにきれいになった。
真ん中の輪は光軸あわせ用のセンタリングマーク

洗浄後は主鏡を元に戻し、光軸あわせをして完了。
光軸はレーザポインターを使ってラフに合わせた。

 

 

 

             もとへ戻る